FC2ブログ
下松市文化会館スターピアくだまつの公式ブログです。スターピアくだまつでのイベントや出来事などスタッフ目線で アップしてゆきます。
10月のハート・フロアーコンサートは
県内で活躍中のバイオリニスト上土居宏予さん
とその門下生によるバイオリンコンサート。
11歳~60歳代まで幅広い年齢層の選抜メンバー8人
と上土居さんが素敵な演奏を披露してくださいました。

●リハーサルの様子
上土居リハーサル
会場入りした際に、フロアーに並べられた椅子の数の多さにびっくり!
スターピア2階のリハーサル室で早速リハーサル。
皆さん、かなり緊張されている様子。
全員のアンサンブル曲では、リズムがなかなか合いません、
お互いの音が良く聴こえていないことが判明!
急遽立ち位置を変更。これで本番に臨みます。

●本番中
kamihonban.jpg

まず、上土居さんのソロでスタート。
「赤とんぼ」を重音奏法(複数の音を同時に発生させる演奏技法)
で演奏。この技法にはお客様は興味津々。

三重奏、四重奏、全員演奏など様々な編成で演奏を
披露してくださいました。

やさしく、時には激しく、いろいろな音色を奏でるバイオリン。
満員のお客様は約1時間の演奏にじっくり聴き入っておられました。

●コンサートの合間に...
湯本さん

11月20日に開催されるコンサートのPRタイム。
上土居さんは、ルーマニア国立放送室内管弦楽団の公演にソリスト
として出演されます。今日は、同じくピアノのソリストとして
出演される湯本祥代さんが公演のPRをされました。

●終演後
出演者に演奏後の感想を聞いてみると...
*いつもは下松市の図書館ホールで身内だけの発表会を行って
 いるがそれとは全く雰囲気が違った。
*会場のお客様の多さに圧倒され緊張したが、練習よりも上手
 に弾くことができた。
*楽しんで弾くことができた。
...などなど皆さん大勢のお客様を前に緊張しながらも、
それに臆することなくいつも以上の演奏ができたようですね。

上土居さんは、お客さんを前にして生徒さんと演奏するのは
初めてだったのでリハーサルの時から大変不安があったそうです。
でも、本番はバッチリ!
息の合った演奏が出来て満足されていました。

終演後には「バイオリンを習ってみたい!!」
というお客様が早速上土居さんにお話を聞いておられました。

やはり、生演奏の影響力はすごいですね。

次回11月はハーモニカのコンサートです。お楽しみに!!